読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mazcomemo

i can't help it.

半リモートワークで思ったこと

みなさん、隣に座ってるチームメンバーが今何しているかわかります?

私の会社は東京京都の2拠点で開発していて、去年の夏頃入社してから春先までの一年年弱、チームでは東京で私一人でした。
とはいいつつも、チームディレクター陣は東京側に集中していたりするので、チーム的には半リモート・個人的には開発タスクに関してはリモート、という感じです。(うちのチームに限ったことではなく他のチームにもあるはず)

なので、物理的に近くにメンバーがいないんですね。だからいま何してるのかわからないのです。基本的にはSlackでのテキストコミュニケーション、gheでのタスクのやりとり、必要に応じてGoogleHangoutなどでの会話で日々開発しているのですが、その時に思ったこと考えたことをいい機会なのでまとめてみました。

ひとりのときに感じた不安と解消法

むこうの様子が見れない・わからない

  • 多分それは隣にいてもそうかもしれなくて、次の悩みは「今、声かけていいのかな?」となりそう
  • 「今いいですか?」の一声は遠近でもするはず、気にせず聞けばよい
  • 口頭だと振り返ったりすれば早いのは確かで、このスピード感には確かに勝てない
  • だとしたら必要なのはすぐ繋げて会話できる環境など→Chromebox、Slackcall、昼会など

そこまではしなくてもなんとなく近況を伝えたい時

  • 他のデザイナーに聞いた所、エンジニアとのコミュニケーションという意味でも作業中のスクショなど上げるとよい
  • 完成して見せるより、作っている過程を確認するような感じでプロセスの中でコミュニケーションを取る

f:id:mazco:20161117202102p:plain:h300
こういう感じ、反応がよいということは問題はなさそう(多分)

わからないことがあったとき、聞きづらい

  • 上記とほとんど同じような理由、もしくはこんな簡単なことで質問してもいいのかな?という気持ち
  • 逆に考えると、周りは私がいま何で悩んでいるのかわからない。
  • わからないこと原因は、「自分が知らなかった」「意外にもみんなもわからない」だいたい私の場合8:2でこれ
  • なので悩んで努力する時間と、相談して解決する時間を決めて積極的に聞く
  • ちょっと聞きすぎてあれかな…と思うときもあるんだけど、できなくなってめちゃくちゃなことになるよりかマシだと思う
  • わからなかったところは次はできるように頑張る
  • そのためのコミュニケーションだし、仕事仲間にしたいし、もっと相談内容を高度にしていきたい

見えない所で口頭での議論が進む

  • 拠点が二つあるとどうしてもどちらかで口頭でさっと会話する方が早くて、こうした方がいいかもみたいな機運になる
  • 相談してよい方向に向かうこと自体はいいはず
  • ということは問題は、どういう文脈でそうなったのかというのが気になるところ
  • 仲間外れになったという意識は捨てる(私はそんな感じたことはなかった)
  • 逆に疑問を持っているなら早めに解消するべきなので、「ここはどうしてこうなったのか?」と聞く
  • それによってさらに議論が進むならよいことなはず(意外と盲点とか気付けたりするし、いろんな視点で見るのは大切)
  • しかし口頭が進みすぎるのも良くないので、なるべくgheのissue上で議論を進めたりする

いろんな所で意見が出てくる

  • これ自体もいいことなはず
  • 全部聞く必要はないというのは乱暴だけど、最低限ここはまずいというのは拾う
  • いまは拾えないけど、もしかすると後ほどこれだったかも!という気づきになるかもしれない
  • 大切なのは、ちゃんとその意見に対して答えがあるかどうかではないか?
  • なかったら考えた方がいいかもしれない?
  • とか、いろいろ、意見は出るもので、出る分だけ議論して強くなれる気がする
  • また、作業者以外の人の意見などが交錯する時があるので、中期的な開発の場合はSlackでチャンネルを作る

さみしい気がする?

  • 東京にだって人はいる!!!!!
  • たまに出張して元気そうな顔してると安心
  • 雑談とかこちらからしてみたりとか
  • 何もしなければ何も起こらないので、察しろというのはむずい気がする
  • 必要なら会って作業すればいい

これからの時代リモートという働き方は珍しく無くなっていくはず、もちろんオフィスで顔を突き合わせて作業するのもよいと思うし、そのハイブリットが今のはてなのオフィスだと思います。家が二つあると便利で、じゃあそっちが便利ですねってなったときホームポイントになるので、オフィスはやっぱり便利。
個人的には離れているので〜って言い訳をしたくなかった。なので、リモート当たり前で楽勝っす、くらいになって、もっと高度な悩みをしたかったけど、こちらの記事を読んで(http://careerhack.en-japan.com/report/detail/728)海外でもこういった感じなんで、いまの状態は努力している限り大丈夫そうな気がしてきました(悩みは尽きないけど、良い状態だと思う)

対面でのコミュニケーションに越したことはなくて、早いし、確実だと思います。ただ、私は言語化するのが好きで、チャットやメールだと頭のなかにあるイメージを整理して伝えられるので、リモートワークが逆に自分に合っていたのかもしれません。リモートでのコミュニケーションを苦に感じたことはありませんでした。

careerhack.en-japan.com


というわけで、こまめにコミュニケーション取ってチームでリモート開発していきましょう。

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」

1.はてなブログを始めたきっかけは何ですか?

SNSとかではなくて、自分の文章書く場所が欲しかったからのような ちなみのこのブログは、入社がきっかけで作りました

2.ブログ名の由来を教えて!

あんまり仰々しくないのがよくて、memoってつけました、結局仕事とかデザインのこと書いてるので日常は別のところで書こうかなあ

3.自分のブログで一番オススメの記事

いうほど書いてない… 強いて言うならこれです、今まで結構色々なところふらふらしていって自分でも不安になるときがあるんですが、これらの本から自分の考えを固めて自信をつけることが非常に役立ったな〜なんて思います。 mazco.hatenablog.jp

4.はてなブログを書いていて良かったこと・気づいたこと

書いてて良かったことは、書くことで自分の考えとか思っていることが客観できることと、気づいたことは今のご時世自分の好きなことを好きなだけかけるのはこういうところしかないかもなあと感じるので、結構自分の中では発散になっている気がすることです。

5.はてなブログに一言

5周年!おめでとうございます!

http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

久しぶりに買ったゲームハードはゲーム以外も豊かにした

子供、学生時代と、据え置きや携帯機で時代と場所を変えながらゲームをしてきた。

それが仕事を始めると自然と忙しくなったり、趣味が増えたり変わったりしてゲームをしなくなっていた。気がついたときはゲームの次の居場所がスマホになりつつあって、そんなのゲームじゃない。とか思ってゲーム自体あまりしなくなった。でも今までやっていた据え置き型はすごく高価になっていて、テーマも年齢層が高くなっていて子供向けという感じではなかった。ゲームは誰のものになってしまったのか。

仕事で2014年の東京ゲームショウに行くことがあって、ブースが様変わりしていて驚いた。実は子供の頃年に2回開催されてる時代にも来たことがあって、その頃と比べるとさっきもいったようにモバイル中心になっていた。その時々のトレンドに合わせて変化していて、もう子供のころにあったゲームっていうのは思い出なのかなと思った。 それから少し経って、大好きなシリーズの最新作がPS4で出るということで、その時は多少余裕が出始めたのでこれを機に数年ぶりに新しい据え置きハードを買った。新しいゲームはCGやエンターテイメント性のクオリティが上がっていて感動したし、変わらないデザインのコントローラーに安心した、自分の中で出来てしまった距離を戻すかのようにゲームをしていた。

最初はゲームの時だけPS4を起動していたのだけど、そのうち動画サービスがあることに気づく、そういえば観たいと思っていたけど終わった映画が観られる。懐かしいものが観れる。そうこうしてるうちに動画サービスが充実してPS4は我が家のテレビ体験を変えていた。テレビも面白いのだけど、目的なくザッピングする余裕はない。そういう時に観たいと思っていた録画や動画を見ることが増えた。もうPS4は家電のように生活を豊かにしている。うまく時間が使えずに見逃してしまったテレビ番組や映画、ゲームを今PS4で取り戻している。変わったのは私だった。

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

それどこ大賞「買い物」

それどこ大賞「買い物」バナー

デザイナーとエンジニアが歩み寄るイベント #CollaboTips でLTしました

先日、こちらのCollaboTipsにてLTをさせていただきました

connpass.com

テーマはデザイナーとエンジニアの垣根を越える!ということで普段お互いの職種で思っていることや、同職種で思っていることなどを話すというLTイベントに登壇で参加しました。LT、非常に楽しかったです。様々な立場から自身の考え方からチームでの考え方までいろいろ語られていて、自分のチームにも取り入れたいな〜っていう気持ちになりました。そしてやはり、大前提としてコミュニケーションは大事という話に尽きる。職種や技能以上にも互いに信頼感持って意見交換できる状態が望ましいですよね。

当日の詳しい様子はブログなどにまとめられていますので、どうぞそちらをごらんください(まとめありがとうございます!)

blog.livedoor.jp

blog.haranicle.net

togetter.com

当日発表したスライドはこちらです。

www.slideshare.net

ここでは5分間で伝えきれなかったことや懇親会のことを話そうと思います まず、エンジニアとデザイナー歩み寄るような内容じゃなくてすみません、当日会場ではわりとコーディングもするよってデザイナーの方が多かったので、偏ったLTだったかもしれないです。 LT内で、「コーディングできなくてもいいじゃん」といいつつ、お前コーディングしてるじゃん!という話ですが、もうちょっと詳しくここで書いてみたいと思いました(LTで伝えきれず力不足で申し訳ございません!)

コーディングしなくてもその先のキャリアは描ける

またまた私の話になるのですが、グラフィック→アプリUIときて、じゃあその先は?って思った時にWebデザインを選ばないという選択もあったと思います。いまモバイルアプリは需要が多く、そのなかでもユーザーが一番触れるUIに関してもっとデザインを注力するという選択肢もある。そうすると、コーディングは必須ではないと思います(もっともっとやり込んだらXcodeやAndroidStudioを覚えるか〜とか、もしくはもうエンジニアリングか!?とかその時々で最善な方法があるかもしれませんが) やみくもに「今時コーディングできないとね」みたいなのも良くないなと思います、もちろん知識というか考慮することは大事だと思います。丸投げは禁止。 自分が何をやりたいか、またその先の組織は何を目指しているか、そういった流れみたいなものに沿っていくと、必要性などが見えてくるんじゃないかなといった具合でした。なるべく楽しく仕事してデザインしたいですよね、という話でした。

会場の株式会社FiNCさんのオフィスを懇親会で見学させていただきましたが、きれいでいたるところに体を動かすエリアや器具、プライベートジムなどあってしばらくここに住み込みして体を健康的に鍛えたい…と思いました。楽しかったです!是非、第2回がありましたらまた参加したいです!ありがとうございました!

入社から1年たった

早いもので1年たった。 入社前に、納会の日に顔出しすることになって、時間あるしと京都の街を散策しつつ会場に向かっていて、地図アプリをみたら、ただ真っ直ぐに歩く案内が出たので何も考えずに悠長に歩いて会場に向かっていたらあまりに遠くて心配した会社の人が迎えに来てくれたこと覚えている。京都の街はコンパクトだと聞いていたので歩いて行けるだろうと思っていたのだった。汗だくだった。京都の夏をなめるな。

それからはあっという間である。入社して目の前で実際に見るチームの開発スピードに圧倒された。不勉強なことが多く、チームメンバーにたくさん助けられて支えられた。自分のことだけでなくチームという組織で仕事するということをより強く感じながら仕事したと思う。このメンバーとも出会ってもう1年なのだなと思うと、少し感慨深い。

いままでは、自分の未熟さにやりきれず情けない話だけど未練や不満を残しがちなことが多かった。自分には積み重ねがないと感じていたが、今はその日々も積み重ねだと思えるし、自信を持って仕事することができていると思う。それは一人ではなくてこの組織で立ち向かうこそ感じられるのかもしれない。もちろん楽しいことばかりではないけれど、前向きに不安や疑問に向き合えていると思う。もっとできるようになりたいし、いいデザインやっていいサービスにしていきたい。


先日、納会のために夏の京都で数日間過ごした。仕事帰りにレトロゲームカフェバーにいったり、適当になにげないこと話しながら歩いてまた飲んで歩きそぞろにじゃあまた明日、と別れるのがたまらなくよい。京都出張するたびに思う。じゃあまた明日。

ちょうど1年前の京都タワー