mazcomemo

i can't help it.

できなくて悔しい

友人(Webデザインができる)はもともとWeb制作をしてなくて、なぜWebデザインできるようになったんですか?って聞いたら、理由は「悔しかったから」であった。友人の友人がWebデザイン上手くて、悔しいから自分でもやるようになった、嫉妬がガソリンと言っていて、確かに悔しくて上手くなりたいっていう駆動はあるなって思った。悔しい、自分の方がもっとこうするのに。とか、私はこういう風にかっこいいの考えてえ。とかそういう方面の悔しさ。こういう悔しさを忘れちゃいけないなと思った。

そういえば私がWebに興味出たのは、スマホが出て来たっていうのもあるけど「ソーシャル・ネットワーク」って映画がきっかけの一個だなと思った。「ソーシャル・ネットワーク」はFacebookの映画でザッカーバーグが女の子にフラれてその悔しさで、大学サイトの名簿から写真パクってどっちの女の子が可愛いかっていう振り分けサイト作っていたのがFacebookの原型というエピソードがある。私はこのムカついたからモノを作って(またそのモノを作るスキルがある)発散しているのがすごく羨ましいと思った。

私は特別何かを表現したいとかいうタイプではないけど、何かを作るときに自分の力不足で断念したくない。という気持ちが強いようで、そういう気持ちを駆動に何かを作るとよさそう。大人になると自尊心や流れを守るためについ妥協したり省エネな最適解を探してしまうけど、そういうのでちょっとずつやりきって挑戦したい。