読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mazcomemo

i can't help it.

甘酒いろいろ飲んでみたのでご紹介します

これは、はてなスタッフアドベントカレンダー9日目の記事です。 昨日は id:yktu さんの代々木八幡「365日」のパン - 日記ですでした。

パンは小麦ですが、日本人なら米、米といえば甘酒飲んでますか!

最近コンビニとかスーパーでも売られていて目にすることが多いんじゃないでしょうか?
甘酒というと正月とか雛祭りの時に出てくるものってイメージがあるのですが、最近は飲む点滴とか言われて流行ってるらしいですね。確かに体に良さそう。
甘酒、大きく二つあって、酒粕からつくるものと、米麹からつくるものがあります。独特の風味があるのが酒粕のほうで、こちら結構気になるという方はいそうですね。また、酒粕が入っているものは多少のアルコール分があるのですが、米麹からつくったものはアルコール分がなく、厳密には酒ではないです。甘です。

いろいろな甘酒を飲み比べていたのでその感想を書きます。

森永製菓 甘酒

森永製菓 甘酒 190g×30本

森永製菓 甘酒 190g×30本

甘酒、といえばこれをよく目にする方が多いのではないでしょうか、あったか〜いのコーナーによくありますね。こちらは酒粕と米麹どっちも入っているブレンド甘酒です。よく見るということで非常に飲みやすい味です、米麹の粒もそこそこ残っていて食感がありますね。
夏には冷やしてあるものが出ています。は!か!た!の!し!お!が入っていてスポーツドリンク的なものになっています、水分&栄養補給としても非常に優秀です。
森永製菓 冷やし甘酒 190g×30本

森永製菓 冷やし甘酒 190g×30本


八海山 麹だけでつくったあまさけ

こちらも最近取り扱っているコンビニやスーパーが増えていそうな印象ですね、商品名通り麹だけで作っているのでお子様も飲めますよ!とか書いてある。わりとさらっとしたのどごしで、米麹の粒もそんなに大きくないです。甘さはけっこうあって、個人的には甘栗みたいな甘さがある!と思いました。そういう甘さの癖はあるかもしれないです、私は牛乳で割ったり、卵焼きや煮込み料理の調理酒代わりに使うこともあります。

YAMATO 玄米甘酒

item.rakuten.co.jp
玄米から作っているからか、白っぽくない茶色です。これはめっちゃどろどろです、米の粒子はありません。ゴマだれみたいです。そのままだと飲みづらいのでこちらも牛乳とか豆乳とかで薄めて飲むのをお勧めします。味が意外と香ばしい?感じです。お米よりかはあっさりとした甘さがあります。個人的にはこれも煮物などの調味料として使いました。

稲垣来三郎匠 桜あま酒

春限定商品の甘酒です。ピンク色の甘酒で味は桜餅です。甘いというより、桜の塩漬けっぽいかんじで塩分が効いています。さらさらしてますが米麹はけっこう大きめに残っています。季節のお菓子というかんじでいただきました。また来年の春頃に販売されるのといいですね。

大関 甘酒

大関 甘酒  190ml×30本

大関 甘酒 190ml×30本

ワンカップで甘酒を飲むと非常に大人になってしまった…という気がしますね。こちらは酒粕で作っているのでほのかにアルコールっぽい香りや風味がします。ハチミツと生姜が入っていて風邪や喉によいホットドリンク、というかんじですね。酒粕の風味が苦手な方もハチミツと生姜の味付けであまり気にならないかもしれません。

久世福商店 磨いた米で作った甘酒

item.rakuten.co.jp
こちらは磨いた米(米をけずった中心部分だけ)で作った甘酒です。癖がなく飲みやすい!というかんじです、米の粒子もほぼなくてすっきりしています。特に癖もなくいいなと思うのですが、甘みがこうなんというか生っぽいというかけっこうきりっとした甘みがあります。

とまあいろいろとご紹介しましたがけっこう飲んでいますね。今は割と安定して入手しやすい「八海山 麹だけでつくったあまさけ」を飲むことが多いです。お料理にも使えるちょうどいい濃度というのもよい点です。
これからの季節、甘酒どうでしょうか?

advent.hatenablog.com

明日は id:shoichimasuharaさんです

もやしおき #つくりおき

つくりおきアドベントカレンダー、9日目です
つくりおき Advent Calendar 2016 - Adventar

今日のつくりおきは、みんな大好きもやしです。さらに最近自炊する気力がないので思考停止したときにつくるもやし料理のご紹介です。


用意するものは

  • フライパン
  • フライパンの蓋(なかったらアルミホイル)
  • もやし1〜2袋
  • 豚肉の細切れ
  • 味の素かだしの素とか、うま味調味料
  • 調理酒

です。

では思考停止もやしの蒸し煮をやっていきましょう


フライパンにもやしを入れて高さをならします。

豚肉をその上からいい感じに並べます。並べ終わったら味の素とかうま味調味料的なものをふりかけて、調理酒をひと回しくらい入れます。


もやし2袋の場合はその上にまたもやしを敷きます。

蓋をして(無い場合はアルミホイルで包む感じに蓋する)中火で蒸し煮にします。大体3〜5分。


蒸し蒸し、湯気が出てきたら野菜から水が出てる&柔らかくなってそうなのを確認して、良きところで火を止めて蒸らします。1〜2分経ったら出来上がりです。


ポン酢とか塩胡椒、醤油だとかお好きな味付けをどうぞ。



もう一品ほしいな、という時にはもやしナムルをつくります。フライパンで蒸し煮している間に、大きめな器にもやしを入れてラップします。


これをレンジで5分


茹でるに相当するもやしが出来上がりました。

ここにお好みで、ニンニクチューブ、塩胡椒、ごま油を入れて混ぜます。


お好みで白ごまを振ると手を加えてる感出てすごい。因みにここに出ているものは全て100均の食材コーナーで揃えることができます。

これで2品ですね、あとは白飯と味噌汁があれば野菜も肉も摂れてまあまあええやんという気持ちになってきます。
蒸し煮に関しては水分の多めな野菜やきのことか入れて変えてみるのもいいかもしれないですしそのまま炒めちゃうとかもいいですね。

もやしサンキューです

デザインの強度

Design

1px、1mmに笑うものはそれらに泣く。というのもあるが、それらができないと成立しないデザインは強度としてどうなのか?という疑問がある。

むしろその1px、1mmが何らかの場合で、例えば自分の場合だと実装や開発上難しいだとかだったらそれ以外の方法を探るだとか、デザインで解決するのがデザイナーとしては筋ではないか?
もちろん細部にまでにこだわる事は大切だけどもその細部をこだわるばかりに何かを犠牲にしているのだったら、目標などを見つめて立ち返ることも必要だと思った。

www.itmedia.co.jp

Netflixも最近ロゴタイプのほかにNの一文字だけのロゴを追加した。これはおそらく何万人の目線に耐えうるとデザインのために作られたのではないかと思う。従来のロゴタイプがあるが、凄まじいスピードで画面や情報が行き交う中で、瞬時にNetflixだとロゴを理解・判断するには時間がかかるかもしれない。そのためにわかりやすいアイコン的なロゴを必要としたのではないか?と思った。

少し距離感が違うが、マクドナルドの店舗にある大きな黄色いMの目印も、そこに1mmのこだわりがなくても遠くの人にマクドナルドだと知ってもらえるデザインの強度があると思う。

ロゴをデザインするということ。成功と失敗から伝える、君へのアドバイス-ロゴデザイン・ラブ! [改訂第2版]

ロゴをデザインするということ。成功と失敗から伝える、君へのアドバイス-ロゴデザイン・ラブ! [改訂第2版]

  • 作者: デイビッド・エイリー,郷司陽子
  • 出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社
  • 発売日: 2016/11/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

デザインラフ100本ノック

Design

学生時代の課題で、ポスターのデザインラフを100個考えろという課題があった。

100!!!!

これを聞いたときの反応は、おそらく今これを読んでいる皆さんと同じ感じです。

そんなに考えるなんて無理…と思ったけど課題なんでやります。でもよくよく考えてみると、先生はラフに関しての差分や大きさ、詳細については深くは言っていない。なので例えば文字を縦にするとか、横にするとかこれで2だったりする。2行にしたりとか改行のバリエーションだけでもう4~5は考えられている。

で、もっと重要なのは「100個考えました!!」って出すことじゃなく、いろんなパターンを考える引き出しと瞬発力を鍛える訓練だったんじゃないかなと思った。先生にどういう意味があるかは聞いたことはないけど。意味はそこまで重要でなくて、自分が考えたラフを客観するというのもある。適当な数打つようなラフ考えてたらそれは自分の実力だし、なんかダサくて、悔しいもっと考えよう…とか思う。

実際、世のデザイナーは何パターンもいろいろなケースを想定して作っているし、作っている過程を数に入れたらいろんなパターンがある。有名な話でくまモンの顔のバランスを少しずつ変えたパターンは1000あってその中から選んでブラッシュアップしたという話もある。生みの親の水野学さんは「不安だからいろいろ検証する」と言っていたので根気がすごい。

しかし100個考えたあとにやりきったという自信はつくんだけど、「5パターンくらい考えてみて」とかめっちゃ少なく感じて逆に不安になる。

Kindleも紙の本も試してみて個人的に思ったこと

Book

本読んでますか!

うまく時間が取れず積ん読が増えている私ですが、最近の読書事情が少しずつ電子化しつつあります。私は紙の本が大好きだし、印刷とか最近だと凝ったデザイン装丁が多いものもあるので無限に本棚と置く場所さえあれば紙の本を買っていたいタイプです

しかし、部屋の大掃除をしていて紙の本の不便さ(かさ張る・重い・場所を取る)に辟易してしまい、広いとは言えない部屋の中を本のためにショバ代払うことなどからも、ええいもういっそ電子化じゃいと思ったのでした。ここでいう電子書籍Kindleです。

思い立ったのがちょうどKindleUnlimitedが開始した時期だったので、セールになっていたFireHDを買うことにしました。

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック

これで本だけじゃなくプライム会員だからビデオもみれるしさまさまだな〜、気になっていたけど買うの忘れてしまっていた本や無料試し読みなど結構充実していて、「おお、これは本格的に電子書籍最高じゃん…」と感じていたのですが、意外と本屋にぷらっと寄ったときに紙の本を買ってしまったり、今まで紙で集めている漫画や雑誌もなんとなく切り替えづらくて続刊は紙で買ったりしました。管理が紙・電子とちぐはぐなのちょっと気になりますね。

それぞれの本の見え方

文字(小説やビジネス書)本と、漫画と、雑誌では結構画面の見え方が違います。 文字のみの本は文章をハイライトできたり、結構機能的です。読むペース計測してあと何分くらいでこの章読み終わりそうです。とか出て、へ〜すごい。とか思いました。

漫画はそんなには違和感なくてあるとしたら見開き処理がされてないので若干テンポが悪いとき(何回もページ行ったり来たり)があります。最近は電子書籍特典だとかでおまけの書き下ろしとかあるんですね。また、KindleUnlimitedじゃなくても1~5巻まで無料!とか結構太っ腹なことがあったりして、全く前情報なしで知らないけど読んでみた(いわゆるジャケ買い)みたいなことができるのは逆に昨今少なくなってきたのでありがたいと思いました。 よくバナー広告で見る漫画とかもあって、読んでみたら面白いとかあった。いやーバナー広告は編集の妙ですね。

雑誌は結構大変で、大判のものが多いのでタブレットだと文字は基本的にあまり読めないです。拡大できるけどなんか違うな〜って感じで見ています。なので熱心に読む気持ちがないと画像をさっとめくるだけになってしまって、読んだ感はなかったです。読むというより立ち読みとそんな変わらないかな〜なってしまいました。

読み放題は気持ちが妙に焦る

読み放題とあるのですが、サービスが始まってから少しした時にラインナップが変更される、と聞いてまじか!という気持ちになり、一気に読みきらなければ、という焦りの気持ちになりました。さっきの考えにつながるけど、端末閉じてしまうと存在を忘れてしまう。なので今開いているこの時間だけで読みきらねば!と思い、すごく必死に読んでしまう。おかげで結構目がブルーライトでやられた気がしました…長時間の使用は気をつけましょうね…

個人的な違和感

あと違和感があって、その違和感とは、目の前に本という形で存在していないと読むの自体忘れる。のと、パラパラと読むつもりもなくページをめくることができない。

何当たり前のこと言ってるんだと思うんですが。まず、目の前にないとあと何ページだっけとかが想像できない。タブレットが目の前にあるだけなので、イコール本っていうイメージがなくて、「あ、そうだ本読もう」っての気がつかなかったり。(これは自分が視覚的なところに頼りまくっているんだなっていうことだと思いますが) KindleUnlimitedはストックできる本が10冊までなので、なんとなく積ん読ができないのはいいなと思いました。でも長時間かけて読む本と、短時間で読み切れる雑誌や漫画だとどうしてもサイクルの早い雑誌や漫画の回転率が良くなってしまう気がしました。

パラパラとページをめくれないことに関しては、目的もなく読むというかよく本棚とか目に入るとぱらっと読んであーこんなこと書いてあったなーとかそういうのができなくなりました。邪魔だって言ってたのに背表紙で確認しないと今自分の本棚の状況がわからないのだ。いやー意外といままでの体験とかを落とし込むのは難しいんだなあ、データは便利だし早いし軽いし、若干安いし、気になったらネットとか電子書籍サービスで試し読みとかできて、衝動としては便利なんだけど、所有したあとの体験はまるで変わっちゃうんだなあ…うまく紙と電子書籍を組み合わせて使っていきたいですね。